お金を借りるなら銀行を考えるのもあり

お金を借りるなら安全で低金利の銀行を考えるのもいいでしょう。銀行は審査がシビア、融資まで時間がかかる、といったイメージをお持ちの方は多いでしょうが、実際は消費者金融と同じ感覚で借りることができるのです。実際に銀行から借入した方は、消費者金融の手続きと何ら変わりなかったと答えています

昔は審査が厳しく、融資まで数日かかるのが普通でしたが、今は即日融資も可能になっています。即日でお金を借りるためには、即日で審査書類の提出をする必要がありますが、今はWEBで行える時代になったからです。本人確認・収入証明書類などもアップロードして送付できるため、以前よりもずっと早い審査が可能になりました。

お金を借りるときに銀行が人気なのは、消費者金融より金利が低いことも大きいでしょう。3~4%以上も低金利であり、この差は実際に借入してみるといかに大きいか実感できます。追加融資を繰り返し受けて、借入総額が増えるほど金利による利息は大きいものとなるのです。お金は借りるときより、借りてから返済するまでが大切なのです。

利息を抑えるには1%でも低金利で借りたいので、そうなれば選択肢は必然的に消費者金融より銀行になるでしょう。ただし、どんなに低金利でも借りすぎると利息は膨らんでしまうので、お金を借りるときは金額をなるべく抑えてください。少ない希望額で申し込みすることが借りすぎを防ぐために大切なのです。

ついついたくさん借入れてしまう方は、フリーローンに乗り換えるのも手でしょう。フリーローンはカードを使えないので、追加融資を受けにくいのが特徴です。それゆえ返済に集中しやすく、短期返済をしたい方がカードローンから乗り換えることは多いです。おまとめローンも生活費には使えないので、借金を減らしたいときに重宝するでしょう。銀行でお金を借りる場合は総量規制の対象外であり、これは通常のキャッシングにも言えることです。そのため通常の銀行キャッシングで消費者金融ローンを一本化することもできるのです。