ネットの掲示板でお金を借りてはいけない?

通常、お金を借りるには消費者金融などを介してお金を借りるというのが一般的であり、それが無理な場合には親類縁者、友人知人などに工面してもらうということになっていきます。それすらも厳しいという場合に最近注目されているのが、インターネットの掲示板でお金の貸し借りを行うという方法です。

掲示板ではどれだけのお金を借りたいのか、なぜ借りたいのか、いつまでに返すのか、連絡先などが明記されており、お金を貸したい人がそこに連絡を入れ、利息などの条件を調整してお金を振り込み、お金の貸し借りを行うというものです。これならば、総額規制に引っ掛かって消費者金融からお金を借りることができない人でも安心して利用ができるばかりか、お金を貸したい、利息を手にしたいという人も人を選んでお金を貸し、そこで収入を得ることができます。

しかし、お金を借りる際には注意点も存在します。それが個人情報の悪用に関する問題です。お金を貸す側としては当然ながら借りたいと願う側がどのような素性なのかを知る権利があるだけでなく、実際の口座などを教えてもらわないことには振り込みようがありません。そのため、運転免許証などを提示してもらった上でお金の貸し借りをするという流れになります。

その提示した運転免許証やパスポートなどの情報を悪用され、海外に謎の口座、ペーパーカンパニーの名義人などに使われてしまう可能性があります。こうした悪用は近年増えており、全く身に覚えのないペーパーカンパニーの名義人に自分の名前が使われており、その際に免許証が使われているケースも出てきています。こうした個人情報を提示する場合にはそれなりの覚悟が求められます

また、個人間の融資であるため、その相手がとんでもない相手である可能性も否定できません。難癖をつけられて脅される可能性も十分に考えられます。本当に善意で貸してくれる人もいますが、どちらの可能性も十分にあることを考えて基本的にこういった掲示板は利用しないほうがよいでしょう