所得証明書類が不要な高額融資のキャッシング

お金を借りたいと願うよりかは、自分の収入を増やすほうが先決だと言いますが、しかし急な出費や、突然にお金が必要になる事はありますので、そんな時にはキャッシングを利用すると良いと思います。キャッシング業者も、収入が少ない人に対しては、少額の借入金しか貸しません。しかし、高額所得の人や、余裕のある人に対しては、たくさんのお金を融資してくれます。

少ない所得の人は、50万や、100万など、低い金額の貸し出しとなり、高額所得の人は、借入限度額を多く出来ます。それで、キャッシング業者によって、最大利用限度額は異なりますが、大金を貸すのであれば、所得証明書類などが必要になってくる場合があります。しかしある一定の限度額までなら、その所得証明書類が不要だと設定している企業もあります。例えば、三井住友銀行カードローンや、オリックス銀行カードローンでは、最高で800万円まで融資が可能としていますが、300万円までは収入証明書が不要だと設定しています。

しかし300万円を超えて800万円までの貸付の場合には、所得証明書類が必ず必要になって来ます。他には、三菱東京UFJ銀行カードローンは、最高で500万円までは借入できますが、収入証明が必要なのは、100万~500万円までの借入をした時のみです。100万円までの借入なら収入証明が不要っとなっています。みずほ銀行カードローンなら、最高で1000万円まで貸付可能なのですが、200万円までなら所得証明書類が不要です。しかし200万円を超えて1000万円までの金額を借入する場合には、所得証明書類の提示が必要です。

このように、キャッシング企業によって、限度額の枠内なら所得証明が不要だという企業がありますので、企業によって違いがあるので、借入前に必要書類の確認が必要です。消費者金融業に置いては、プロミスなら、最高500万円まで貸付可能ですが、50万円を超えて500万円までの、貸付した場合には収入証明が必要で、50万円を超えない場合には収入証明が必要でないのです。