バイナリーオプション取引で一億円稼ぐ無職日記

国内のバイナリーオプションを比較する

バイナリーオプション取引で一億円稼ぐ無職日記

 

バイナリーオプションはこれからの金額が高くなるか安くなるかという単純な仕組みが根本であり、正直言えば投資の知識が不足している場合でも無理なく始めていくことが可能です。市場では為替や金融投資などいろいろな取引がされていますが、バイナリーオプションにおいてはその間を上手に活用するような方針がとられており、相場を見極めることができれば誰でも参加が可能になっています。またギャンブルのような要素が組み込まれているため、投資金額に注意して常にリスクというものがあるといった意識を持ち合わせるような決意も大事な側面になるわけです。

 

一方で市場の動向を見極められる確かなる目があれば、利用する業者を選ぶ際にも有利な状況を生み出すことが可能です。取引時間が比較的長いという内容も見られることから、短期間でまとまったお金がほしいという方にもピッタリな内容が揃っているのです。さらに日本以外でも活発な取引が実践されているため、サラリーマンの帰宅後でもバイナリーオプションは大いに活用していくことが見込めます。半分の確率によってお金が変動する不思議な存在でもあることから、信用の置ける情報を適宜収集して、賢い取引を実現させるようにする行動が当事者には不可欠となるのです。

 

着実な利益を上げていくには、それに伴う内容を徹底的にバイナリーオプション業者を比較していくような理詰めの対策も重要になります。投資においては必ずその後の展開を予測して、中長期的なビジョンを持ち合わせて確実な利益を上げる方向性が大切となっていくわけです。さらに株を日頃から行っている場合は、そのノウハウを存分にバイナリーオプションへ生かすことも可能であるため、詳細を比較していくようにするといった内容にも言及してみる部分が大事です。少ない元手であったとしても、バイナリーオプションにおいては、確実に利益を残していくような方向性も見ることができます。価値ある取引こそが、こういう場面では問われるのです。

 

 

前日よりも驚くほどクロス円の値幅が少ない。午後から豪州政策金利発表

バイナリーオプション取引で一億円稼ぐ無職日記

 

7月7日。現在東京時間の11時過ぎ。最近の相場は欧州問題の相場になっていて、安心してトレードすることが不可能です。前日の月曜日は、先週の月曜日に引き続き、朝から大荒れでした。日経平均も下げて、クロス円の売り圧力を高めるし、もう大変でした。こんな相場が長期にわたって続いたとしたら、本当に嫌になってしまいます。正直、相場全体を見ると受け入れがたい動きをしていますが、東京時間だけを見ると、今日はそんなに悪くありません。

 

前日300円近い下げで寄り付いた日経平均は、本日は回復して、+242円で寄り付いています。クロス円も安定した値動きをしています。まず、落ち着いたという事を褒めてあげたいです。やりやすい雰囲気ではありませんが、まず落ち着くことがトレードを考える条件の1つです。落ち着かない相場でやると負けてしまいますから、トレード戦略も考えられません。前日の東京時間の値幅は、朝から窓を開けたため、どのクロス円も1円以上ありました。きのうよく動いたので、値幅は少なくなっています。

 

どのクロス円もだいたい30PIPS程しかありません。動きっぱなしは疲れるもんね~。今日はゆっくり休んでまた元気になってください。今日のこれからの予定は、午後から豪州政策金利発表が行われます。時間は13時30分。豪ドル円が動きます。ほぼ間違いなくうごくでしょう。最近の傾向だと、利下げでも上昇する動きが見られています。また、現状維持でも上昇しています。だから、今回も上昇するかも。楽しみだなぁ。もし、発表を受けて底堅さを見せたら買ってみようかな。

 

利益が出たら長時間の保有を考えたいですが、相場環境はいいとは言えないし、豪ドル円の日足は売り圧力が勝った状態になっています。もしかしたら、上げは戻り売りのチャンスだと捉えられて、一時的に上昇したとしても売られるかも。だから、長期で持つのは無理です。この発表で利益を取れたとしたら、もうトレード終了。あとは好きな事して過ごせる。なんて考えちゃいます。

 

 

トレール機能を活用することの重要性について

バイナリーオプション取引で一億円稼ぐ無職日記

 

FXトレードをするときに大事なことは、必ず損切りを設定してポジションを持つということです。相場に絶対はないので例えば上昇トレンドと判断してエントリーして、予測通りに上昇していったとしても、急に反落する可能性もあることを常に認識しておく必要があると言えます。私は以前上昇トレンドと判断して買いでエントリーして順調に利益を伸ばしていましたが、あるタイミングでチャートをチェックすると利益を出していたポジションが損失となっていました。

 

これは、私が上昇トレンドと判断してエントリーした後に利益を出していたことから、もう損失になることはないと判断しててその場その場に応じた損切りを設定していなかったことによって起こった出来事です。相場を分析するときに基本的にテクニカル分析を主体としていますが、重要な経済指標をチェックすることの重要性を認識しました。同時に一度ポジションを持ったときに、そのままにするのではなく相場の動きに合わせて損切りポイントを移動するなどポジションを管理することが重要とわかりました。

 

この事例において、損失とならずにトレードするのであれば相場が上昇していく中で、損切りラインも切り上げていけば急落しても利益を失うかもしれませんが、損失とならずにポジションを閉じることが可能となります。価格に応じて損切りラインを上げるということは資金管理の上でも有効です。しかしながら常にチャートをチェックすることができない人もいます。そのような人のためにも最近のFX会社においては便利な機能を搭載していることもあります。

 

それはトレール機能と言います。この機能はエントリーした方向に相場が動いていくときに、設定した損切りラインも相場の動きに合わせて自動的に動くというものです。例えば上昇トレンドでは価格が上昇すれば損切りラインも自動的に上昇します。そうすることで急な反落があっても利益の確保、あるいは損失を防ぐことが可能となります。そのため最近ではトレードにおいて必ずトレールを設定しています。

 

 

遅行スパンを活用したトレード戦略について

バイナリーオプション取引で一億円稼ぐ無職日記

 

FXトレードをするときに私が重視しているツールのひとつとして遅行スパンが挙げられます。テクニカルツールのひとつで、チャート上のローソク足の動きを一本の線として表し、現時刻よりもローソク足21本分戻して表示しているものです。例えば1時間足チャートにおいては遅行スパンは21時間前のローソク足の場所に位置しています。ローソク足26本分戻して表示するものもあります。この遅行スパンは線でありながら相場におけるさまざまな情報を教えてくれます。

 

その一つが今相場がどのような状態であるかと言うことを一目で判断することができます。相場にはレンジ相場、トレンド相場があります。FXトレードで大きく利益を出すためにはトレンドに乗ることがひとつの方法です。遅行スパンの動きを見ることで相場にトレンドが発生しているかどうかをすぐに判断することができます。相場にトレンドが発生したとき、遅行スパンはトレンドが発生している方向にローソク足から離れていきます。ボリンジャーバンドなど他のテクニカルツールを組み合わせることによって、より正確な判断をすることができます。

 

一方でレンジ相場であるときには遅行スパンはローソク足に絡んでいます。つまり、ローソク足に絡んでいる相場であるときはレンジ相場であることからポジションを持たずに様子見をして、遅行スパンがローソク足から離れていけばトレンド発生としてポジションを持つ戦略が有効となります。

 

仕事などでトレンド発生を見逃したときには押し目、あるいは戻り売りのポイントを探ることとなりますが遅行スパンはそのタイミングを教えてくれます。ローソク足から離れている遅行スパンがトレンド相場における調整局面においてローソク足に触れるタイミングがあります。このタイミングが押し目買い、戻り売りのポイントとなります。トレンド発生のときには遅行スパンがローソク足に触れると反発する傾向があるからです。このようにさまざまなタイミングを遅行スパンは教えてくれます。

 

 

新たな金融会社で口座を作ろうと考えている理由と自動システム

バイナリーオプション取引で一億円稼ぐ無職日記

 

私は最近、あるFXの会社で口座を作ろうかなと思っています。実は私はすでに、ある業者で口座は持っているのですね。この業者の場合は、そこそこシステムは充実していると思います。にもかかわらず、私は新しい会社で口座を作ろうと考えているのですね。その理由なのですが、その会社の場合は自動的での注文を行う事ができるからです。現在私が口座を持っている会社の場合は、売買を行う為の方法は全て手動になります。指値での注文を行うにしても、必ず手入力などが必要になってくるのですね。

 

しかし残念ながら、私はちょっと忙しいです。ずっと付きっきりで売買をする事ができれば良いですが、残念ながらそうもいきません。昼間の時間帯は会社で作業を行わなければなりませんので、なかなか売買をするのも難しい状況なのですね。ところが私が検討している新しい金融会社の場合は、自動的な方法で売買を行う事ができます。つまり売買の代行をしてもらえる訳ですね。

 

ちなみにその会社の場合は、例えパソコンの電源を切っていても自動的に売買してくれるのです。会社で作業を行っている最中でも売買をしてくれますので、とても便利だと思うのですね。ただその会社の場合は、ある程度まとまった資金は必要になります。1つの目安としては100万円ほど求められるようなので、現在の私はその会社で口座を作る為に貯金をしているところです。お金が貯まってそのFXの会社で口座を作れる日が、今からちょっと楽しみですね。

人生のどん底で出会い、新な人生設計を可能にしたFX

 

僕がFXと出会ったのは、所謂「ギリシャショック」でユーロが大暴落を起こした年でした。元々投資は怖いもの、手を出せば必ず破産する、そういったイメージを持っていました。では、何故そんな僕がFXを初めてみようと思ったのか。それは当時働いていた会社の社長にFX投資を勧められたことがきっかけです。勿論、僕は「FXって株と一緒ですよね?テレビで何人も投資に失敗して転落した人がニュースになってるじゃないですか。僕にはとてもできません」と答えて、その場は断りました。

 

しかし、何故か社長はその時、引きさがらず、「FXも株式もやり方さえ間違えなければ、決して怖くないぞ。そんなに不安なら、一度デモトレードをしてみたらいい。あれなら失敗しても何も損はしないからな」と、僕にFXのデモトレードを勧めてきたのです。社長の顔からは、言葉にはしていませんでしたが、「これは業務命令だ」という雰囲気を感じ取り、渋々ながらネット証券会社をいくつか調べ、その中で一番自分が気に入った会社のデモトレードを開始しました。最初は、僕も言われたからやっているだけ、社長もそのうち飽きるだろう、と思っていました。

 

しかし、実際にデモトレードをしてみると、想像していた以上に面白いのです。ユーロが暴落していた時期のことなので、ユーロ円、ユーロドルでの取引で、ひたすらユーロを売りまくるだけで、面白いように利益が増えていきました。その時、「僕って投資の才能あるんじゃね?」と不遜な考えを抱いてしまうほど、どんどん利益は増える一方でした。「これがデモトレードなのが悔しい!」と何度も歯軋りしていました。

 

しかし、やはりというか、投資はそんなに簡単な物じゃありません。突然のユーロの暴騰で、ユーロ売りしかしていなかった僕は、大幅な損益を出してしまいました。それからがいけなかった。その損を取り替えそうと、熱くなって取引を続けたのです。「今の流れはユーロは下降傾向だから、必ず上がったユーロも下がる」と根拠もない持論で取引していたのです。結果は損失を膨らませただけでした。当初に積み上げた利益も全て吹き飛ばして、元本は割れ、大赤字です。

 

正直、これがデモトレードで良かった、と肝を冷やしながらも安心していました。ですが、これは僕の性格なのでしょうが、やられたまま諦めるのは悔しい、そう思った僕は書店でFXや投資関連の書籍を買い漁り、片っ端から読んでFXについて勉強しました。

 

そして再チャレンジです。勿論、勉強したくらいでFXで利益を出せるのなら、今頃億万長者だらけになっています。当然のようにまた損益を膨らませただけでした。ただ、1つだけ、勉強をしながらFXをしていて感じたことがあります。僕は基本的にスキャルピングという手法を使っていたのですが、少なくとも僕にはスキャルは無理だ、と思ったんです。僕自身、決して頭が良いとは思っていませんでしたし、どちらかといえば、馬鹿な方だと自覚していました。

 

そんな馬鹿な自分が一分一秒先の値動きを読めるはずがない。そこで、僕は一ヶ月、三ヶ月、あるいは半年単位のもっと長いスパンでの取引に手法を方向転換しました。勿論、方向転換したからと言って、すぐに利益が出る話ではありませんでしたが、何かが変わりました。それは、確かにまだまだ損益を何度も出しまが、少しずつ利益幅が増えていったのです。そうして約2年間、デモトレードを続け、資本金100万で月に7000?9000円くらいの利益が安定的に出せるようになったのです。

 

そして、それを機に、デモトレードから実トレードに切り替え、資本金もデモと同じ100万を入金しました。それが僕のFX人生の始まりです。今でも損失とは無縁ではなく、利益が出ない月もあります。しかし、一年を通してみれば確実に利益になるようになりました。社長に勧められて、嫌々始めたFXに、俗な言い方ですが、ハマっちゃった、のです。ただ、僕には本来したいフリーランスの仕事がありましたので、FXはあくまでちょっとした小遣い稼ぎの域を出ることはありませんでしたが。

 

もし、FXを勉強もせず、やってみもせず、イメージだけで食わず嫌いをしている方がいたら、是非デモトレードでもいいので、やってみて下さい。デモトレードなら、利益にならない代わりに、損にもないません。FXを本当にやるかどうかを決めるのは、それからでも遅くないのではないでしょうか。それが僕から言える唯一のことです。

続きを読む≫ 2015/07/03 10:53:03

簡単に始められる投資として利用をするとよいFX

 

今、老後の資金が足りなくて、貧困に直面をしている人が多いそうです。公的年金の受給額も期待をすることができませんし、1か月十分に生活をすることが出来る余裕もないようです。そこで投資を行うことを検討をするとよいです。色々な方法がある中でもFXはおススメです。オンラインで投資を行うことができ、面倒な手続きも不要です。NISAを始める人もいますが、NISAを始める際には住民票が必要であったり、損失を出してしまった場合には課税対象になるなど、5年間非課税という部分がクローズアップされすぎて、デメリットが見えてこない、理解をできていない人が多いようです。

 

FXは口座開設も面倒な手続きは不要ですし、比較的すぐに口座を開設することができるようになっているので便利です。初期投資金額もかなり少額でスタートさせることが出来るので気軽に始めることができます。もっとも取引で利用されることが多いのが、ドル円です。円高に動くのか、円安に動くのか見極めることが必要です。これが結構難しい時がありますし、予想が外れてしまうこともあります。それもまた勉強の1つだと考えるとよいです。

 

実際、円高になると予想をして、これ以上円安には動かないだろうと思っていたところ、どんどん円安が進んでしまい、その円安がニュースになってしまうくらいになったことももあります。そうなってしまった場合、損失額が大きくなるので、放置をしておくことにしました。ずっと円安の状況が続くわけはないだろうと思っています。円高傾向になってきた時に売買をすれば損失額は少なく抑えることが出来ます。

 

それが絶対的な方法ではありませんし、中には早めに損切をしてしまったほうがよい、ダメージも少ないという人もいます。考え方は人それぞれ。自動で損切をするように設定をすることもできますが、中にはマイナスになったのに、すぐにプラス方向に進むこともあり、必ずしも自動損切がよいとは限りません。自分で見極めたほうが後悔も少ないようです。

続きを読む≫ 2015/07/03 10:53:03

FXをするときのメリットとデメリットについて

 

FXを始める前に知っておいた方が良いメリットとデメリットについて紹介します。まず、FXのメリットとしては外貨預金と比べると手数料が安いというのがメリットになります。外貨預金は手数料が高いのが特徴で、顧客にとっては不利です。また、収益を出すのも難しいのですがFXならば外貨預金の半分以下の手数料で済むので非常に安く済みます。FXは1万円くらいの小額な取引もできるというのも魅力的な1つになります。最近になって法律が改正されたこともあって、外貨取引が自由になったこともあり誰でも参加できるのが特徴的になりました。また、平日は24時間取引できることもあり時間に縛られずいつでも取引できるのも良いところです。

 

FXと聞くと難しいというイメージがあると思いますが実際は主要な通貨を抑えておけば問題ないので勉強に時間をかけることもなく手軽にできます。不正が出にくいというのもFXの特徴でもあります。世界最大の金融市場なため不正が出にくいという特徴があります。こういった面では安心して取引できると思います。こういったメリットもあればデメリットも存在するわけですがFXにもリスクがあります。資産を預けている業者が倒産してしまった場合、預けてある師さんが帰ってこないことがあります。この場合は業者が信託保全を取り入れていれば避けられますが、こういったことも起きるということを想定しなければなりません。

 

FXは入金した資産をそれ以上に動かせるため、手持ちのお金だけでなくそれ以外の損害を受けるということもあります。レバレッジをかけるときはこういったことが起きないように大きなレバレッジをかけないということも大切です。FX初心者の場合は3倍から5倍程度にレバレッジをかけると良いです。FXは世界の中で取引するので、突発的に起きた事件などに影響されてしまいます。そうした場合、保持している通貨が暴落してしまうという事態があります。FXはこういったデメリットもあるということです。メリットとデメリットを知ってFXを始めると良いと思います。

続きを読む≫ 2015/07/03 10:51:03

ある一線が化ける事もあるFX

 

FXの売買では、ある一線に着目される事が非常に多いです。専門用語で申し上げれば、上値抵抗線や下値支持線などです。いわゆる上昇や下落を阻む壁ですね。日々それを意識して、売買を行っている方々も多いでしょう。それが、すなわち「ある一線」なのですね。ところでその一線は、たまに破られる事があります。そして破られた後には、それがまた壁として機能する事が多いのです。

 

例えば一時期は、米ドルの100円のバリアという壁がありました。今でこそ米ドルは120円近くで動いていますが、数年前には90円台だった時期もあるのですね。その時期には、100円のバリアに対する注目が集まっていました。90円台から上昇してきて、ある時とうとう100円の壁を越えそうになったのですね。しかし実際には、その壁による跳ね返しが発生したのです。一瞬100円にタッチしそうになったのですが、結局はまた90円台に戻っていました。つまりある一線によって跳ね返されていた事になります。

 

ところが現在では、もちろん上記のような状況になっています。100円を超えている訳ですね。では超えた時にはどうなるかと申しますと、その100円がまた壁として機能する事が多いのです。現在は120円近くなのですが、今後下落する可能性もゼロではないでしょう。その際にまた100円にタッチしそうになるのですが、いわゆる下値支持線として機能する事が多いですね。つまり上値抵抗線が下値支持線に化けている訳です。意外とその化けパターンは多いので、デイトレなどで売買を行っているならば、ちょっと意識しておいた方が良いと思います。

続きを読む≫ 2015/06/02 11:51:02

ナンピン型のシステムを提供している会社が増えている最近のFX業界

 

ここ最近のFXの業界では、独自の売買システムを提供している会社が増えてきています。今までそれを取り扱っていなかった会社も、最近はそれを提供するようになってきているのですね。特にここ最近増えてきているのは、一定の幅での売買を行うシステムです。いわゆるナンピン型のシステムを提供している会社が、ちょっと増えてきているのです。現に私が常日頃売買を行っているある金融会社の場合、そのナンピン型のシステムを提供するようになりました。そのシステムを用いれば、ほぼ自動的に売買を行う事ができるのです。

 

ちなみに数ヶ月位前までは、私が口座を持っている金融会社では、それを行うのは不可能でした。全ての売買を行う為には、必ず手作業が必要になっていたのです。それがちょっと手間だと思っていました。しかし最近になって、ちょっと新しいシステムが導入された訳ですね。それは何も私が口座を持っている業者だけに限りません。この間も別の金融会社のホームページを見てみたのですが、そこでもナンピン型の自動システムを提供するようになりました。まさかその会社がそれをト影響するようになると思っていなかったので、初めて来た時には少々驚きましたね。

 

このように最近の金融会社、どんどんナンピン型のシステムを採用するようになっている訳です。逆に言えば、ナンピンでの売買も悪くないやり方なのかもしれませんね。もしもFXで稼ぎたいと思っているならば、ナンピンに関する勉強をしてみるのも良いと思います。

続きを読む≫ 2015/06/02 11:51:02